本文へスキップ

校長あいさつPrincipal greetings 

 「宮原小の伝統を受け継ぎ、信頼を土台に
子ども一人ひとりが輝ける学び舎」をめざして
〜平成31年度のスタートにあたって〜
校長写真  この度、歴史あるさいたま市立宮原小学校の校長として着任しました佐藤 健(さとう たけし)です。
着任した4月1日、本校校庭の桜が満開で、素晴らしい環境にある学校だと思い、どのような子どもたちに出会えるかとても楽しみでした。8日の1学期始業式、入学式では、元気に笑顔であいさつできる子どもに出会えたことを、とてもうれしく思い、本校の象徴である「栴檀(せんだん)」の木が空高くのびるが如く、この子どもたちが大きく成長することを願いました。また、大きく成長させることができる学校を築かねばと決意を新たにしました。
本校は、学制頒布(明治5年)の翌年に加茂学校として開校し、146年もの長き伝統を誇ります。卒業生は、13,546名(平成31年3月31日現在)を数え、祖父母の代よりも前から代々子どもが本校に通っている家庭もあり、地域とともに古くからある学校であることを感じます。今年度は、児童数1,048名、学級数33学級(通常学級30学級、特別支援学級3学級)、教職員数70名でスタートしました。 
本校の学校教育目標は
 心身ともに健やかで主体的に生きる子どもの育成
◇ たがいに努める子  (かしこく)
◇ たがいにきたえる子 (たくましく)
◇ たがいに手をとる子 (やさしく)
です。その具現化を図るための今年度の努力点を以下の通りとしました。
「よく学び、よく遊び、よく働く」子どもを育てる
 1 豊かな心、豊かな人間性の育成
2 確かな学力の定着
3 健康・体力向上と安全な学校づくり
4 積極的な生徒指導、一人ひとりの児童に応じた指導の充実
5 開かれた学校の推進
6 教職員(学校で働く者)としての意識の向上
 また、児童の豊かな心、豊かな人間性の基礎を育むために
 〇あいさつ・返事
 〇くつのかかとをそろえる
 〇チャイム着席
の指導の徹底に力を注いでいきたいと考えております。これは、宮原中学校区(宮原中・大宮別所小・宮原小)での統一的な生徒指導事項でもあります。特に、「あいさつ・返事」は、社会性、相手を尊重する意識の基本となります。目を見て大きな声であいさつができる子ども、しっかりと返事ができる子どもを育ててまいります。
 新しい令和の時代に、「宮原の地にかがやく学び舎」を目指し、子どもたちや保護者、地域の皆様からの信頼を築くことを土台として、教職員が一丸となって力を尽くしてまいります。これまでに引き続き、皆様のご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。

さいたま市立宮原小学校長  佐 藤  健


さいたま市立宮原小学校さいたま市立宮原小学校

〒331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町4-102-6
TEL 048-664-5153
FAX 048-664-8989