本文へスキップ

校長あいさつPrincipal greetings 

 「宮原小の伝統を受け継ぎ、信頼を土台に
子ども一人ひとりが輝ける学び舎」をめざして
〜令和3年度のスタートにあたって〜
   令和元年に本校に着任して早三年目を迎えました。昨年度も保護者、地域の皆様には多大に御支援、御協力を賜り誠にありがとうございました。
 令和3年度がスタートしましたが、今年度もコロナ禍での始まりとなってしまいました。新型コロナウイルス感染症が子どもたち、我々の生活に大きく影響している現状はありますが、気分を一新して新しい年度を送りたいものです。マスクはしていても、学校に子どもたちの声が聞こえるのは、昨年度の臨時休業を思うと、やはり良いものだと思います。
 今年度は、昨年度から引き続きコロナ禍である状況や、終息が見通せないことを考えると、感染拡大の防止に最大限の配慮をしながら子どもたちの学びを守る工夫をした教育活動を展開することが第一となります。学びを止めない、制限された中でも子どもたちが学ぶことが楽しい、確かな学力が身に付く教育活動に取り組んでいきます。
 学びの充実では、GIGAスクール構想の導入を推進します。子ども一人に一台のタブレットが渡ることは、これまでの子どもたちの学びを大きく変えます。また、これは学びだけでなく学校生活も従来とは全くことなるものとなることが想像されます。学校教育の大きな転換となることでしょう。個別最適化された学びの実現に向けて取り組んでまいります。高学年教科担任制についても学びの充実の視点から今年度より導入していきます。より質の高い授業を提供することを目的として、小学生の発達段階と小学校という校種に相応しい教科担任制の在り方について研究を進めていきます。
 保護者、地域と学校との連携では、コミュニティスクールを導入します。昨年度、本校はコミュニティスクールの準備校にさいたま市教育委員会より指定されました。コロナ禍ということで十分な活動ができませんでしたが、昨年度築き上げたものを土台として、学校と保護者、地域が三位一体となり、地域、社会の宝である子どもたちの育成について共通目標、共通理解をもってあたることができるよう取り組んでいきます。
 新型コロナウイルスの影響は大きく、また、教育的課題も多い中ではありますが、今年度も昨年度と同様に学校経営の柱に
       「よく学び、よく遊び、よく働く子どもの育成」
目指す学校像に
「宮原小の伝統を受け継ぎ、信頼を土台に子ども一人ひとりが輝ける学び舎」
を掲げ、本校創立149年目を子どもたちに確かな学力を育むために、より一層、教職員が知恵を出し合い、汗をかきながら取り組んでまいります。
 本校の象徴である「栴檀(せんだん)」に見守られながら、子どもたちが人生豊かに生きられる力を育むことを目指し、信頼を土台に、保護者、地域の皆様と手を携えて教職員が一丸となり今年度も力を尽くしてまいります。これまでと同様に、皆様の御支援と御協力を宜しくお願い申し上げます。

                         さいたま市立宮原小学校長  佐 藤  健
○令和3年度グランドデザイン
○令和3年度学校経営方針


さいたま市立宮原小学校さいたま市立宮原小学校

〒331-0812
埼玉県さいたま市北区宮原町4-102-6
TEL 048-664-5153
FAX 048-664-8989